ニュース
» 2013年03月13日 15時23分 UPDATE

AWSでリージョン間のマシンイメージコピーができるように

AWSは、リージョンを越えたマシンイメージコピー機能を提供する。先に発表済みの転送料金の値下げと併せ、利用シーンに併せたリージョン選択や分散を容易にする。

[原田美穂,@IT]

 アマゾン ウェブ サービス(AWS)は2013年3月12日、リージョンをまたぐマシンイメージのコピー機能を発表した

 AWSではこれまでに、リージョン間でのEBSスナップショットコピー機能を提供してきたが、今回の発表はさらに踏み込んでマシンイメージそのもののコピーを実現した。AWS Management Console、コマンドラインツールから実行できるほか、EC2 API、AWS SDKからも実行できる。

 マシンイメージそのものをリージョンを超えてコピーできることから、複数のリージョンで同じ構成のインスタンスを簡単に用意できるようになる。また、アプリケーションの分散配置や、一部コンポーネントを、利用者に近いリージョンに配置して利便性を図ることも可能。1つのマシンイメージを複数のリージョンに同時コピーできる。

 ただし、パーミッションやタグはコピーされないため、コピー後に、それぞれで再設定を行う必要がある。

mhss_awsimgcpy.png AWS Management consoleを使ったコピー(AWSブログより引用)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。