ニュース
» 2013年03月13日 16時05分 UPDATE

順調に進む「Ubuntu Touch」向けコアアプリ開発

Ubuntu Touchアプリが徐々に出そろってきた。開発プロジェクトにはCanonicalも参加している。

[鈴木聖子,@IT]

 今年(2013年)発表されたUbuntuのモバイル版インターフェイス「Ubuntu Touch」向けに、アプリケーションの開発がスタートしている。電卓やカレンダーといったベーシックなアプリのほか、ゲームなどのアプリも開発が進んでいるという。

 モバイル版のUbuntuは1月にスマートフォン向けの「Ubuntu for phones」、2月にタブレット向けの「Ubuntu for Tablets」が発表され、開発者向けプレビュー版も公開された(関連記事)。

 Ubuntu SDKは2カ月前にプレビュー版がリリースされ、Ubuntu端末向けのコアアプリ開発がスタート。Ubuntu開発者のマイケル・ホール氏は3月12日のブログで、電卓、カレンダー、時計、天気予報の各コアアプリについて、画像付きで紹介した(リンク先には動画解説が用意されている)。

 コアアプリ開発に当たってはコミュニティの協力を募り、デザインとプロジェクト管理はCanonicalから専用スタッフを起用したという。

 ホール氏によれば、この他にも多数のセカンドパーティーやサードパーティーが、Ubuntu SDKを使って新しいアプリの開発や既存のアプリの移植を行っている。ブログではその中から数当てゲーム、マイクロブログクライアントのGwibberアプリ、数独アプリ、パズルやチェスといったゲームアプリ、「Google Reader」クライアントなどを紹介している。

mhad_utuntucom.jpg Ubuntu開発コミュニティJoseph Mills氏による天気情報アプリ(ホール氏のブログ記事から引用)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。