ニュース
» 2013年03月19日 16時48分 UPDATE

BaaSも強化しHTML5 CORSなどサポート:Windows Azureが機能強化、Hadoopサービスのプレビュー版も公開

米MicrosoftはWindows Azureの機能を強化し、Hadoopクラスタを導入・管理できる新サービス「HDInsight」のほか、PhoneGapやDropboxなどのサポートなどを追加した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Microsoftは3月18日、Windows Azureの機能強化を発表した。Azure上でHadoopクラスタを導入・管理できる新サービス「HDInsight」のほか、新たにPhoneGapやDropboxなどのサポートが加わっている。

 HDInsightは同日からプレビュー版が限定公開された。Windows Azure Management Portalの画面で「New」ボタンをクリックしてHDInsightを選択すると、Hadoopクラスタを作成できる。なお、クラスタ作成にはストレージアカウントが必要で、現時点でプレビュー版が利用できるのは米東部リージョン内にストレージアカウントを持っているユーザーのみ。

mt_azure01.jpg

 一方、モバイルアプリ向けのBaaSでは、HTML5/JSクライアントとPhoneGapアプリ、Windows Phone 7.5クライアントで、Windows Azure Mobile Servicesをバックエンドとして利用できるようになった。Cross Origin Resource Sharing(CORS)もサポートし、ドメインをまたいだAjaxリクエストを受け取れるようになる。

mt_azure02.jpg

 Dropboxのサポートでは、Dropboxを使ってサイトやアプリを自分のWebサイトにデプロイできるようになった。DropboxからWindows AzureにWebサイトをデプロイする方法を解説した動画も公開している。

 また、CodePlexまたはBitbucketレポジトリから自分のWebサイトの連続的なデプロイメントを設定する際に、Mercurialレポジトリの利用が可能になった。さらにUIも強化され、ソースコントロールからのデプロイ設定がさらに簡単になっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。