ニュース
» 2013年03月22日 19時29分 UPDATE

まず米国などから提供開始し、順次拡大:Apple IDにも二段階認証オプション、なりすまし対策強化

米Appleは3月21日、iTunesやApp Storeなどの利用に必要な「Apple ID」のセキュリティ強化を目的に、二段階認証のオプションを追加した。

[高橋睦美,@IT]

 米Appleは3月21日、iTunesやApp Storeなどの利用に必要な「Apple ID」のセキュリティ強化を目的に、二段階認証のオプションを追加した。当初米国のほか、イギリス、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドで提供を開始し、順次対象地域を拡大するという。

 過去Apple IDの認証には、基本的にパスワードが用いられてきた。しかし2012年に発生した米国メディア記者のiCloudアカウント乗っ取り事件を受け、セキュリティのための「質問」に回答するという方法が追加されていた。

 新たに追加された二段階認証オプションでは、パスワードに加え、AppleからSMSで送られてくる4桁の数字を入力して認証を行う。ログインするには、パスワードという「自分しか知らない情報」と、登録したデバイスという「自分だけが持っているもの」を組み合わせる必要があるため、従来に比べなりすましが困難になると期待できる。

 Apple IDで二段階認証を利用するには「My Apple ID」のページから「Manage your Apple ID」を選んでログインし、「Password and Security」から「Two-Step Verification(二段階認証)」で設定を行う。利用に当たってはSMSが利用可能な携帯電話端末か、「iCloud」の「Find My iPhone」機能が必要だ。

mt_apple01.jpg

 主要なWebサービスとしては、GmailやDropboxがすでに二段階認証を導入しているほか、Evernoteも、不正アクセスを受け予定を前倒しして二段階認証を導入する意向を明らかにしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。