ニュース
» 2013年03月25日 17時21分 UPDATE

カスタマサポートサービスのクラウド提供:Oracle Cloudベースのサービスを国内DCで提供へ

日本オラクルは国内データセンターが利用できるクラウドサービスを発表した。コンタクトセンター業務に関連するアプリケーションサービスを提供する。

[原田美穂,@IT]

 2013年3月25日、日本オラクルは日本国内のデータセンターから同社のクラウドサービス「Oracle RightNow Cloud Service」を利用できるようになったことを発表した。日本オラクルでは、同サービス開始を契機に、日本国内に新たにデータセンターを設置したという。ベースとなるシステムはオラクルが推進している「エンジニアド・システム」を採用している(関連記事)。

 Oracle RightNow Cloud Serviceは、クラウド経由でSNSやコンタクトセンターを含むクロスチャネル型の統合サービスとして位置付けられる。同サービスには下記5つの機能モジュールが含まれる。

  • Oracle RightNow Web Experience
  • RightNow Social Experience
  • RightNow Contact Center Experience
  • RightNow Engage
  • Oracle RightNow Service Experience Platform

 従来のCRMなどが担っていた顧客情報管理やサービスなどの情報をカバーする内容だ。オラクルが展開するクラウドプラットフォームサービスOracle Cloud上のアプリケーションサービスとして展開する。従来、米国データセンターなどで提供してきたサービスを日本国内のデータセンター経由で提供することで「日本市場で要求されるサービスレベルやデータ統制に対して、一層適切な運用管理が可能」(プレスリリース)になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。