ニュース
» 2013年03月27日 18時36分 UPDATE

Power 780との比較ベンチマークも公表:米オラクルがSPARC T5サーバを発表

米オラクルは3月26日、ビッグデータ領域への活用などを狙ったミッドレンジとハイエンドのSPARCサーバの新製品を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米オラクルは3月26日、ミッドレンジとハイエンドのSPARCサーバの新製品を発表した。いずれも同社のSPARCプロセッサを搭載し、ビッグデータを最大限に活用できるコンピューティングパワーを必要とする企業ニーズへの対応を目指している。

 ミッドレンジサーバのTシリーズ新製品には、世界最速をうたった16コアのマイクロプロセッサ「SPARC T5」を搭載。同サーバは「17項目で世界記録を達成した」としている。

 「SPARC T5-8」についてはOracle DatabaseやOracle Middlewareなどの用途で「最速のシングルサーバ」と紹介し、IBM Power 780と比べたコストパフォーマンスの高さを強調している。

 一方、ハイエンドサーバ新製品の「SPARC M5-32」は、大規模で複雑なワークロードとアプリケーションコンソリデーション用途向けに、大容量のI/Oとメモリを搭載。コストパフォーマンスは同等のIBMシステムに比べて2.5倍、速度は従来世代に比べて最大で10倍になるとした。米オラクルによるSPARC T5-8における、ベンチマークテストの主要な結果は以下の通り。

 新サーバはいずれも共通する1つのコア、1つのOS、共通のシステム管理および仮想化ツールを搭載しており、クラウド構築のためのプラットフォームとして最適だと同社は説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。