ニュース
» 2013年03月27日 20時41分 UPDATE

どういう選択基準でフラッシュ技術を選ぶ?:フラッシュストレージ技術はデータベース高速化でどう使われているか

フラッシュ(半導体メモリ)ストレージは、企業におけるデータベースの運用にどのような効果をもたらすだろうか。データベース高速化という目的では、どういう判断基準でどのようなフラッシュストレージ技術が選ばれるのだろうか。

[三木 泉,@IT]

 フラッシュ(半導体メモリ)ストレージは、企業におけるデータベースの運用にどのような効果をもたらすだろうか。この用途では、さまざまなフラッシュストレージが、それぞれのメリットに基づいて選択され、実際に導入されつつある。

 この動きを象徴する存在の1つに、日本マイクロソフトが2012年12月に発表した「SQL Server SSD Appliance」がある。パートナーと組んで、SQL Serverを、フラッシュストレージを採用したハードウェアと一体のアプライアンス製品として提供する取り組みだ。発表時には6社6モデルだったが、現在は9社9モデルに拡大。注文のバックログを抱えているパートナーも多いという。

 SQL Server SSD Applianceの基本コンセプトは、ストレージI/Oのボトルネック解消により、パフォーマンスチューニングのための複雑な設計や運用の手間をかけずに、データベースの大幅な高速化を図るということだ。この共通コンセプトに基づいてはいるが、提供されている9モデルで採用されているフラッシュストレージは、PCIeフラッシュ、オールフラッシュストレージ、SSDを搭載した既存ストレージ装置と、バラエティに富んでいる。

 すると自然に浮かんでくるのは、どういう判断基準でどのフラッシュストレージが選ばれているのかという疑問だ。もちろん、SQL Server SSD Applianceはアプライアンスなので、各モデルの価格はサーバ機やSQL Serverのライセンスを含んでいる。このため、ストレージだけが選択基準になるわけではない。しかし、この製品の価格のうち、大きな比率をフラッシュストレージが占めていることは容易に想像できる。従って、単純に価格の安さで特定のモデルが選ばれたとしても、間接的にはフラッシュストレージの価格を考慮した選択だといえるはずだ。

im_ait_07itinsider.jpg IT INSIDER No.7では、データベース高速化と各種フラッシュストレージ技術の関係について探っています

 このプログラムを推進している、日本マイクロソフト サーバプラットフォームビジネス本部 クラウド&アプリケーションプラットフォーム製品部 エグゼクティブプロダクトマネージャの北川剛氏によると、SQL Server SSD Applianceに興味を持つユーザー企業は、いずれの技術でも、これまでのハードディスクドライブを使ったストレージに比べれば桁違いに高速だということに着目している。このため、細かなパフォーマンスの違いを選択基準とするユーザー組織はあまり多くないという。

 また、データ記憶容量については、どのフラッシュストレージ技術も、テラバイトレベルに達しているため、容量の限界が選択を左右することは以前ほど多くないという。このため、フラッシュストレージ技術にひもづく運用性と、アプライアンスとしての最終的な構成価格が、重要な選択基準になっていることも多いという。

 データベースの高速化と各種フラッシュストレージ技術との関係について、北川氏への取材内容を交え、「データベースとフラッシュストレージの方程式(PCIeフラッシュ、普及への文脈 後編)」にまとめました。ぜひご覧ください(本コンテンツのダウンロードには、TechTarget会員登録が必要です)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。