特集
» 2013年03月27日 18時00分 UPDATE

アプリ開発者が新興ストアで儲かるための基礎知識〜Windows 8 Developers カンファレンス2.0レポート (1/3)

NFCとの連携、アプリ内広告やプッシュ通知の使い方、普及期にあるアプリストアを制する方法、Windowsストアアプリのデザインガイドラインを中心に据えた次世代のUIなどについてまとめてお届けする。

[田口孔大,@IT]

これから広まるプラットフォームを先行して制するために

 2013年3月17日、Windowsストアアプリ開発コミュニティ「Windows 8 Developers」主催のカンファレンスイベント「Windows 8 Developersカンファレンス2.0」が日本マイクロソフト品川本社で開催された。

 日本でのWindows 8発売から約4カ月。日々Windowsストアに新しいアプリが公開され、普及期へと向かう中、先行してアプリをリリースすることで開発者が得られるメリットは非常に大きい。今回のイベントでは、以下のように、各分野のスペシャリストによる多様なWindowsストアアプリ開発のレクチャーが行われた。

さまざまな可能性がある“NFC”をAndroid以外で試すにはWindows 8しかない

winbconf_1.jpg 博報堂アイ・スタジオ 一階武史氏

 最初の講演では、博報堂アイ・スタジオの一階武史氏が登壇し、WindowsストアアプリとNFCに関するプレゼンテーション「Windows 8 × NFC」を行った。

 近年、「O2O」といった利用方法でスマートデバイスを使った収益化の可能性が注目されているNFCだが、スマートデバイスとして一般ユーザーが持てるNFC対応端末のOSは現状、AndroidかWindows 8の2つしかない。一階氏は、この登壇に向けてNFCタグを読み取るストアアプリ「NFC TagWriter」をリリースして、実際の動作を交えて、Windows 8×NFCの可能性を説明した。

winbconf_6.jpg 「NFC TagWriter」の画面(一階氏の講演資料より)

 セッションではNFCを利用するに当たって必要な「NDEF Library for Proximity APIs」の設定やAPIを使うソースコードの例、申請時の注意点が紹介された。

winbconf_7.jpg NDEF Library for Proximity APIsの使い方(一階氏の講演資料より)

 残念ながらPCとして販売されているWindows 8端末ではハードウェア側でNFCを搭載していないものがほとんどのため、一階氏は今回のデモンストレーションでは、「Surface RT」を利用したリモートデバッグを行った。

winbconf_8.jpg リモートデバッグの仕方(一階氏の講演資料より)

 まだWindowsストアアプリとして対応した例がほとんどないNFCだが、さまざまな分野における利用価値が高く、今後Windows 8周辺におけるNFCの動向に非常に興味が湧く内容だったといえよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。