Special
» 2013年04月03日 10時00分 UPDATE

ITに詳しくなくてもサポート電話がついているので安心できる:Officeの使い慣れたユーザーインターフェイスが導入のポイント

[PR,@IT]
PR

導入の背景

古物商許可申請のためにホームページを作ったものの……

 FU技研は、兵庫県を中心に建設業者向けにセメントのプラント設備、水処理機械、ポンプなど各種設備/機械の販売・整備を行っている。4年前に創業して以来、機械の販売以外にも各種機械の定期点検、メンテナンスなどを中心にビジネスを行ってきた。

福元氏写真 FU技研 代表取締役 福元和幸氏

 これらの設備は新品の販売だけでなく、中古品の販売も行う。しかし、中古品を売買するためには、公安委員会が発行する「古物商許可証」が必要だ。

 また、Webサイト上で古物取り引きを行うためには、ホームページの存在が許可証の必須条件となる。FU技研も許可証を取得するために数年前にホームページを開設した。

 「当時、古物商許可を取るためにホームページを作成しましたが、本業が忙しかったり、Webの更新作業が結構複雑で簡単に更新できないこともあり、定期的に更新はできていませんでした」と、FU技研 代表取締役 福元和幸氏は当時を振り返る。

導入の経緯

ホームページが閉鎖、Office 365を活用してわずか3日間で復活

 ホームページを作ったものの本業が忙しいこともあり、なかなか更新できずにいた福元氏。しかし、本業は好調で順調にビジネスを展開していた。そんな同氏を2月中旬に悲劇が訪れる。同社が火事で罹災、施設や事務所が被害に遭ってしまったのだ。

 火災に遭い、警察にさまざまな相談をしていた福元氏をさらなる悲劇が訪れる。警察担当者から「ホームページがなくなっている」と指摘されてしまったのだ。前述のように、古物商許可を得るためにはホームページの開設が必須条件、警察も事情を鑑み、即座に許可取り消しは行わないものの、できるだけ早急にホームページを立ち上げ直す必要が出てきた

 「ただでさえ、本業の復旧が最優先の状況で、とにかく早く、安く立ち上げたかったんです。自分で複数のサービスを検討したんですが、安いところはサービスが不十分だったり、作成に最低2カ月かかると言われたり、なかなかこちらの要求を満たすところがありませんでした。そんな中、SDモバイルさんが提案してくれたのが、Office 365での外向けWebサイトの機能を使ったホームページ作成でした。予算内でできたのはもちろんのこと、一番驚いたのは発注してからわずか3日目には新しいホームページができていたんです。さらに、ホームページを立ち上げられただけでなく、自社ドメイン名でメールを利用できたり、電子文書や画像ファイルの管理も行えるオールインワンパッケージだと聞いたのでさらに驚きました」(福元氏)

導入の効果

分かりやすいユーザーインターフェイスがキモ

 実際に提案を行ったSDモバイルの三笹純氏は、「福元様は限られた予算の中で、とにかく早く、きちんとしたホームページを作成したいというニーズがありました。それを鑑みて、Office 365を活用した方法を提案しました。ホームページ運営では、更新の容易さも重要です。その意味でOffice 365のホームページ更新は、使い慣れたOfficeのユーザーインターフェイスと通じるところがあり、福元様にも『これなら自分でもコンテンツの更新ができそうだ』とのお言葉を頂きました」と説明する。

ホームページイメージ FU技研のホームページ。Office 365の外向けWebサイト機能を利用することで、わずか3日間でここまで作り上げることができた。また、使い慣れたUIで、更新も容易だという

 三笹氏は、福元氏のITリテラシーや今後のさらなる活用を考慮した場合、「やはり、24時間365日の電話によるサポートは必須だろうと考えました。ビジネスで行う以上、サポートは非常に重要です。私自身、何度かマイクロソフトが提供するOffice 365の電話サポートを利用したことがありますが、非常に使いやすく、また疑問が完全に解決するまできちんと付き合ってくれた点が非常にありがたかったんです。その体験からも、福元様には電話サポートが付属しているプラン『E2』をおすすめしました」と説明する。

 福元氏は、最近ではメールに現場の写真を添付したやり取りなどが、非常に増えていると言う。また、今回の火災で焼失してしまった紙の書類や設計図などは、今後積極的にデジタル化し、Office 365の機能の1つであるSharePoint Onlineにデータを登録してリスク分散していきたいとも言っている。「メールへの写真などが簡単に添付できると聞いているので、非常に期待しています。Office 365なら容量も多く、大量の写真をアップしても心配ないですしね。出張した時などは出先から写真やメールを確認できる点もとても便利だと感じています」(同氏)。

今後の展開

Office 365のさまざまな機能を習得して使い倒したい

 今後の目標について、福元氏は「ホームページの更新が簡単なので、さらにコンテンツを拡充しビジネスの拡大を図っていきたいですね。私は永年建設業に携わり、色々な方に大変お世話になってきました。その諸先輩方から教えてもらったさまざまな技術やノウハウを、若い人たちに伝承していくのが昔からの夢でした。今後は、その情報発信にぜひともホームページを活用して夢を叶えていきたいですね。Office 365には、まだまだたくさんの機能が備わっていると聞いています。これからは、それらを勉強して使い倒したいです」と熱い思いを語った。

Office 365 評価版 無料ダウンロード

オンラインで3分ほど、3ステップで手続き完了。1名〜最大10名でお試しいただけます。

評価版ダウンロード

※本記事は日本マイクロソフトにより提供されたコンテンツを一部編集の上、掲載したものです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2013年6月30日

Office 365 評価版 無料ダウンロード

オンラインで3分ほど、3ステップで手続き完了。1名〜最大10名でお試しいただけます。

My Sales Sheet by Office 365

あなたがもし、マイクロソフトの製品になったとしたら、その企画書はどんな内容になる!?ユーザー層は?値段は?販売エリアは?Facebookでのあなたの行動や交友歴を分析して、PowerPointの企画書にしちゃいます!

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。