ニュース
» 2013年04月02日 15時42分 UPDATE

デスクトップからスーパーコンピュータまで:ZFS on Linux最新版リリース、「重要なマイルストーン」に到達

高性能ファイルシステムZFSをLinuxに移植した「ZFS on Linux」の最新版となる0.6.1が公開された。幅広い環境に対応できる「重要なマイルストーン」に到達したという。

[鈴木聖子,@IT]

 高性能ファイルシステムZFSをLinuxに移植した「ZFS on Linux」の最新版となる0.6.1が、3月28日に公開された。2年以上の試用期間を経て、デスクトップからスーパーコンピュータまで幅広い環境に対応できる「重要なマイルストーン」に到達したと位置付けている。

 ZFS on Linuxプロジェクトの発表によると、0.6.1ではバグ修正に加えて「snapdev」という新プロパティが加わった。これはzvolスナップショットデバイスの表示をコントロールするもので、「表示」か「非表示」かを選択できる。デフォルトは非表示になっており、zvolスナップショットデバイスにアクセスするためには表示に設定する必要がある。

 そのほかの主な変更点として、Linux 3.9のサポート、「zpool status -x」に対する古いオンディスクフォーマット警告の無効化、「zfs_arc_memory_throttle_disable」のデフォルトでの有効化、SLABオブジェクトのリクレーム動作向上といった改善や機能強化が盛り込まれている。

 ZFSのインストールと管理を支援するため、Debian、Fedora、RHEL/CentOS向けのレポジトリもそれぞれ新設された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。