ニュース
» 2013年04月03日 17時18分 UPDATE

ツイートからモバイルアプリにユーザーを直接誘導:Twitter Cardsに新機能の「ディープリンク」、ツイートとアプリを連動

米Twitterはサンフランシスコの本社で開いた開発者向けイベントで、「Twitter Cards」の新機能、「ディープリンク」を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Twitterは4月2日にサンフランシスコの本社で開いた開発者向けイベントで、「Twitter Cards」の新機能として、ツイートから自分のモバイルアプリに直接ユーザーを誘導できる「ディープリンク」を発表した。新たに3種類のTwitter Cardsも加わった。

 Twitter Cardsは写真や動画、楽曲などの情報を直接ツイート内に拡張表示できる機能で、これまでに「サマリー」「フォト」「プレイヤー/ビデオ」の3種類が提供されている。

 新機能のディープリンクは、ユーザーがツイートのリンクをタップすると、アプリをインストール済みの場合はアプリ内のコンテンツが参照でき、インストールされていない場合はダウンロード画面が表示される仕組み。この機能は、新しいマークアップタグの追加によって実装できる。

mt_twittercards.jpg

 ディープリンクはiPhone、iPad、Android(Google Play)に対応し、各国で提供を開始。全種類のTwitter Cardsで利用できる。

 一方、新しいカードとしては「アプリ」「プロダクト」「ギャラリー」の3種類が発表された。アプリカードでは開発者のIDを登録すると、App StoreまたはGoogle Playに記載されているアプリの名称、アイコン、説明、レーティング、価格といった情報を表示する。

 プロダクトカードは商品の画像や商品説明に加えて、カスタマイズ可能な領域を使って価格やレーティングなどの情報を表示できる。ギャラリーカードはフォトギャラリーのプレビューを通して写真アルバムなどを提示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。