ニュース
» 2013年04月12日 18時02分 UPDATE

速度はHDDの20倍、フラッシュストレージの新製品も:IBM、フラッシュ技術の研究開発に10億ドル投資

米IBMは4月11日、企業のビッグデータ活用を支援することを目的に、新しいフラッシュ技術の研究開発に10億ドルを投資すると発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米IBMは4月11日、新しいフラッシュ技術の研究開発に10億ドルを投資すると発表した。フラッシュ技術の採用でサーバ、ストレージシステム、ミドルウェア製品の拡充を図り、企業のビッグデータ活用を支援する。

 この計画の一環として、日本や中国など世界12カ所にコンピテンシー・センターを開設。顧客が実世界のデータでコンセプト実証実験を行い、IBMのフラッシュ技術で達成されるパフォーマンス向上を測定できるようにするとしている。特にクレジットカード処理、株取引、製造および受注処理システムといったミッションクリティカルなワークロードのパフォーマンス向上を見込んでいる。

 また、Texas Memory Systemsから取得した技術をベースとしたフラッシュストレージアプライアンス「IBM FlashSystem」シリーズを併せて発表した。例えば「IBM FlashSystem 820」の場合、ピザボックスほどのサイズながら、HDDの20倍の速度を実現し、24Tバイトまでのデータを保存できるという。

 フラッシュメモリではサーバやストレージシステムにおける情報収集の反応時間をミリ秒からマイクロ秒のレベルへと引き上げることができ、回転ディスクに比べて安定性、耐久性、エネルギー効率性も高いとIBMは解説する。

 同社の試算によると、フラッシュシステムでは銀行やトレーディング、通信などのアプリケーションでトランザクション時間を最大90%短縮でき、ERPやビジネス分析といったアプリケーションのバッチ処理時間は最大85%短縮、データセンター統合やクラウドデプロイメントのエネルギー消費量は最大で80%の削減が見込めるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。