ニュース
» 2013年04月16日 20時36分 UPDATE

エンタープライズ向け「Red Hat OpenStack」のパートナー支援プログラムも:米Red Hat、コミュニティ版OpenStack「RDO」を発表

米Red Hatは4月15日、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」のコミュニティ版となる「RDO」を発表した。

[高橋睦美,@IT]

 米Red Hatは4月15日、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」のコミュニティ版となる「RDO」を発表した。

 RDOは、Red Hat Enterprise LinuxおよびFedoraなどで動作する、無償の「OpenStackディストリビューション」だ。OpenStack.orgで提供される最新のOpenStackパッケージをベースにしており、Nova、Glance、Keystone、Cinder、Quantum、Swift、Horizonといったコアコンポーネントのほか、クラウドアプリケーションのオーケストレーションを行う「Heat」、リソースモニタリングなどを行う「Ceilometer」を実装している。

 特徴は、Red Hatのプラットフォームへのデプロイや統合を視野に入れていること。インストール作業を容易にするため、同社が開発したツール「PackStack」が同梱されるという。

 Red Hatは2012年8月に、商用サポートが付属したOpenStackディストリビューション「Red Hat OpenStack」のプレビューバージョンをリリースしている。Red Hat OpenStackが安定性を重視した、エンタープライズクラスのサポート付きのディストリビューションであるのに対し、RDOはOpenStackで開発される最新機能をいち早く実装する、コミュニティバージョンという位置付けとなる。

 なおRed Hatは同時に、Red Hat OpenStackについても、Folsomリリースをベースとした「Early Adopter Program」をリリースするとともに、ハードウェアやソフトウェア、アプリケーションなどを提供するパートナーを支援する「Red Hat OpenStack Cloud Infrastructure Partner Network」を発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。