特集
» 2014年05月07日 18時50分 UPDATE

移行方法やツールの使い方を知る:Windows XP → Windows 7/8/8.1移行のための解説記事ガイド (2/2)

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2       

Windows XP → Windows 8/8.1移行のための解説記事ガイド

ユーザー・データの移行

 古いWindows XPマシンに格納されているユーザーのデータ・ファイルは、新しいWindows 8/8.1マシンでも同じように扱えるようにしたい。それにはWindows XPマシンから必要なデータ・ファイルを抽出し、Windows 8/8.1マシンの適切な格納場所にコピーする必要がある。これは手動でもできるが、移行のためのソフトウェア・ツールが利用できるなら、その方が簡単だ。

アプリケーションの移行

 Windows XPで利用していたアプリケーションが、Windows 8/8.1では利用できない場合がある。例えばWindows XPの標準メール・クライアントのOutlook ExpressはWindows 8/8.1には搭載されていない。そのため別のメール・クライアントに移行する必要がある。

■メール環境の移行

Internet Explorer環境の移行

 Windows XPで利用できるInternet Explorer(IE)はIE6〜IE8だが、Windows 8/8.1ではIE10/IE11とバージョンが異なる。IE6〜IE8とIE10/IE11では仕様が大きく異なるため、例えばIE6〜IE8に合わせて設計・制作されたWebページやWebアプリケーションがIE10/IE11では正しい表示・動作が得られないことがままある。こうしたトラブルへの対策機能がIE10/IE11には備わっている。

ユーザー・アカウントごとの設定やシステム環境の移行

 デスクトップ環境のようにユーザーがカスタマイズした設定も、古いWindows XPマシンから新しいWindows 8/8.1マシンへ移行したい。それにはユーザー・アカウントごとの設定(ユーザー・プロファイル)はもちろん、システム環境についても新旧マシン間でコピーする必要がある。これもデータ移行と同様に移行のためのツールが利用できる。

移行前の準備

 移行する前に、まずは移行先OSであるWindows 8/8.1の仕様についてよく確認しておきたい。Windows XPと比べると、エディションの種類やUI、インストール手順など異なる部分がたくさんあるため、移行計画を立てるにはこうした違いを把握しておく必要がある。また多数の新機能や強化機能については、どんなものがあるかだけでも事前に確認しておきたい。

■Windows 8/8.1の概要

■Windows 8/8.1のユーザー・インターフェイス(UI)

■インストール/展開

■Windows 8/8.1の新機能や強化された機能

■Windows XPを使い続けるリスク

移行後のWindows 8/8.1の管理・運用テクニック

 Windows XPと比べるとWindows 8/8.1ではスタート・ボタンが省かれるなど、そのUIは大幅に変更されている。そのため移行後のWindows 8/8.1を快適に利用できるようにするには、新しいUIに慣れるか、あるいはUIを変更してWindows XPのそれに近づけるといった対処が必要だ。またWindows XPにはないWindows 8/8.1の新機能や強化された機能も、活用して効率よくPCを利用できるようにしたい。

■ユーザー・インターフェイス(UI)の変更・改善

■システムの修復やバックアップ/復元

■最適化

■日常的な作業

■トラブル・シューティング

■セキュリティ

「特集」のインデックス

特集

前のページへ 1|2       

Copyright© 1999-2014 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

iPhone 6 Plus SIMフリー版、プレゼント!

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

Focus

- PR -

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。