ニュース
» 2013年04月22日 16時08分 UPDATE

CSSやJavaScriptに注目して時間短縮:Googleの「PageSpeed」でモバイルサイトは3倍高速化?

米GooglはモバイルWebページで「PageSpeed Service」を使った場合の効果について、開発者ブログで紹介している。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleが、Webページの表示高速化を支援するオンラインサービス「PageSpeed Service(PSS)」の利用を促す一環として、モバイルWebページでPSSを使った場合の効果について開発者ブログで紹介している。

 PSSはWebページを自動的に書き換えて最適化することにより、ページ処理速度の高速化を図るサービス。サイト側でコードに手を加える必要はないという。ブログに掲載された動画には、同サービスを使って表示にかかる時間が6.9秒から2.1秒に短縮された例を紹介している。

mt_pagespeed.jpg

 高速化の具体的な手段として、ページを重くさせる原因となりがちなCSSやJavaScriptなどに着目している。CSSについては、読み込もうとするページの処理に必要最低限のCSSを特定し、それをHTMLファイルに含めることによって、追加のファイルダウンロードにかかる時間を短縮。JavaScriptはいったん実行を保留させ、ページの処理が済んだ後に実行させる仕組みを採用している。

 また、画像最適化の機能では、デスクトップPCよりも小さいモバイル端末の画面に対応して、サーバ上で画像サイズを変更し、見た目を損なうことなく最適なフォーマットに圧縮しているという。

 Googleによれば、こうした機能によって、米ニュースサイト「TopNews Today」のモバイルページは61%、イタリア語のニュースサイト「Net1News」は68%の高速化を実現したという。「PSSのおかげでユニークビジターと総ページビューが100%増えた」というTopNews Today担当者らのコメントも紹介している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。