ニュース
» 2013年05月07日 10時20分 UPDATE

アドビ、 主力製品Creative SuiteをCreative Cloudに一本化へ:Creative Suiteシリーズがアップデート終了

米アドビシステムズは、Adobe MAX 2013の基調講演でCreative SuiteシリーズをCreative Cloudに統合すると発表した。

[岡本紳吾,hatte.inc]

 米アドビシステムズは、2013年5月6日(現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の「Adobe MAX 2013」の基調講演で、同社の主力製品「Adobe Creative Cloud」のバージョンアップを発表した。

 登壇した同社デジタルメディア事業部担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのデイビッド・ワドワーニ氏は「作品の製作環境は日々変わってきている。何時間もかけて作った作品、アイデアはうまく公開できていないのではないか。クリエイションはまだまだ孤立したものだ。そこで、Creative Cloudは、制作物の製作、共有、公開、告知という全体をサポートするものとして進化する」とコメントした。

adobemax.jpg アドビシステムズ デジタルメディア事業部担当 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのデイビッド・ワドワーニ氏

 これまではCreative SuiteとCreative Cloudが並行して販売されていたが、今後はCreative Cloudに一本化し、Creative Suiteシリーズはバージョン6を最後に機能追加は行われなくなる。

 また、Adobe Fireworks、Adobe Acrobat、Adobe Encore、Adobe Flash Builder、Adobe Lightroomは今回のアップデート対象外となる。

 さらにCreative Cloudは、コラボレーション機能などを大幅に強化。協業しているメンバーとファイルの共有を行ったり、同一ユーザーであればアプリケーションの環境設定を同期できるようになる。

adobemax2.jpg Creative Cloudで20種以上のアプリケーションが使えるようになる

 米国での販売開始は6月17日から。日本での発売予定は6月中。価格は年間契約での個人版が月額5000円。CS 3〜CS 5.5の既存ユーザーがCreative Cloudに移行した場合は月額3000円、CS 6ユーザーがCreative Cloudに移行した場合は月額2200円になる。

 Adobe MAX 2013はロサンゼルスコンベンションセンターで5月8日まで開催中。アドビシステムズ日本法人のサイト「ADC Plus」では、MAX 2013の特集ページを開設し、参加者によるリアルタイム更新が行われている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。