ニュース
» 2013年05月08日 16時09分 UPDATE

ペタバイト級のスケールも想定:SAP HANA Enterprise CloudでERPもCRMもクラウドサービス化

SAP HANA Enterprise Cloudが登場。SAPが提供するエンタープライズ向けアプリケーションとHANAの組み合わせをクラウドサービスで利用できるようになるという。

[鈴木聖子,@IT]

 SAPは2013年5月7日、高速インメモリデータベース「HANA」の新しいデプロイメントオプションとして、クラウドベースの「SAP HANA Enterprise Cloud」サービスを発表した。クラウドの使いやすさとSAP HANAのパフォーマンスを組み合わせ、シンプルかつパワフルなモデルを提供するとしている。

 SAPの発表によると、将来的にはSAP ERP、SAP CRM、SAP NetWeaver Business WarehouseおよびSAP HANAで処理するミッションクリティカルなアプリケーションを、管理型クラウドサービスとしてペタバイト級のスケールで運用できるようにするという。

 HANA Enterprise Cloudは、同社のオープンエコシステム戦略に基づき、管理型サービス事業者のデータセンター、および各国にあるSAPのデータセンターを通じて提供する。

 同サービスを利用には、まず、SAP Business Suite、SAP HANA、SAP NetWeaver Business Warehouseなどのソフトウェアライセンス契約を結ぶ必要がある。その上で、SAPの専門家がその企業のデータやアプリケーションを診断、どのシステムやアプリケーションをHANA Enterprise Cloudに移行すれば最高のパフォーマンスが引き出せるかについて助言を行っていくという。

 同様にシステム移行サービスなどもSAPから直接提供する予定だ。料金はデータとアプリケーションのサイズやスケールに応じた月額制となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。