ニュース
» 2013年05月08日 19時58分 UPDATE

調査レポート:2013年の国内サーバ市場は5.6%の縮小、IDC予測

IDC Japanの予測によると、2013年の国内サーバ市場は前年比5.6%減の4205億円に落ち込む見通しとなった。

[藤本和彦,@IT]

 2013年の国内サーバ市場は、x86サーバが2010年から4年連続のプラス成長になる見込みだが、市場規模全体では前年比5.6%減の4205億円に落ち込む見通しとなった。IT専門調査会社のIDC Japanが5月8日に明らかにした。

 市場の縮小要因の1つとして、IDCでは、メインフレーム市場の失速を挙げている。同市場は、大型案件の集中した2012年の反動から2ケタのマイナス成長となるという。

 一方で、x86サーバ市場は、クラウドとモバイルデバイスの普及により、インターネットビジネスとITサービス向けの出荷が堅調に推移すると同社はみている。

 2012〜2017年の年間平均成長率はマイナス3.3%、2017年の市場規模は3761億円と予測されている。また、今後は「国内サーバ市場に占めるx86サーバの出荷額構成比がさらに上昇し、x86サーバ主体の市場構造に変化していく」とIDCは予測している。

130508_idc.png 国内サーバ市場予測:2008〜2017年(プレスリリースより)

 IDC Japan サーバー リサーチマネージャーの都築裕之氏は、「国内サーバ市場は、各製品分野の持つ市場特性と、市場を取り巻く環境変化およびユーザー動向により、大きな影響を受けている。2011年の東日本大震災を契機に、企業のコスト削減とBCP(Business Continuity Planning)への関心が高まりを見せており、クラウド利用を含め、より低コストかつ安全で、柔軟性および即応性のあるITシステムへの期待が大きくなっている。サーバベンダーは、従来のビジネスモデルに固執することなく、変化する市場とユーザーの期待に応えるべく、ビジネス変革に取り組むべきである」と分析する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。