ニュース
» 2013年05月08日 20時33分 UPDATE

スマートデバイス向けソフトウェアの品質向上支援サービスが登場

シーイーシーは、スマートデバイスに特化したソフトウェアテスト品質向上支援サービスを発表、今後のデバイス多様化をにらみ、エンタープライズシステム向けの検証への拡大も目指す。

[原田美穂,@IT]

 シーイーシーは2013年5月2日、マイクロフォーカスと共同でスマートデバイス専用機能テスト自動化ツール「Silk Mobile」を中心としたソフトウェア品質向上のためのビジネス検証サービスの拡充を図ると発表した。併せて、両社共同での業務システム品質改善コンサルティングや検証事業も拡大する。

 業務システムだけでなくスマートフォンやタブレット端末、あるいは家電機器などの「スマート化」が進む中、業務プロセスや製品品質に占めるソフトウェアの領域は増大傾向にある。ソフトウェアが担う機能が増える一方で、デバイスのライフサイクルは短期化しており、開発段階で十分に高い品質を保つことが困難になりつつある。

 こうしたデバイス向けのソフトウェア開発者らの課題はソフトウェア品質向上および効率化、テスト工程効率化にある。

 シーイーシーでは、既に「PROVEQ」というソフトウェア品質の第三者検証サービスを提供しており、今回のマイクロフォーカスとの提携強化で、マイクロフォーカスが提供する「Silk」シリーズと「PROVEQ」ブランドによって包括的なサービス提供を提供するという。

mhss_serviceimage.jpg 開発プロセスごとのサービス提供イメージ

 なお、シーイーシーでは、2011年からスマートデバイスを専門とする検証センターを立ち上げている。品質検証サービスやソフトウェア設計・開発・テスト工程を支援する「サポートサービス」、企業ユーザー向けの「セキュリティマネジメントサービス」を提供してきた。今回の発表をきっかけに、「ビジネスシステム全体の検証分野にもサービスを拡大していく」(プレスリリースより)という。

mhss_service.jpg シーイーシーが提供する検証サービスの一覧

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。