ニュース
» 2013年05月09日 18時44分 UPDATE

分析処理と業務処理を組み込み:SAPジャパン、HANAを利用した中小企業向けERPシステムを提供

SAPジャパンは5月9日、中堅中小企業向け基幹業務システム「SAP Business One, version for SAP HANA」を同日から提供開始すると発表した。システム内全体に対する検索機能なども新たに提供される。

[藤本和彦,@IT]

 SAPジャパンは5月9日、中堅中小企業向け基幹業務システム「SAP Business One, version for SAP HANA」を同日から提供開始すると発表した。アナリティクス機能と大量のトランザクション処理機能が組み込まれており、ビッグデータ時代の中堅中小企業のリアルタイムな業務遂行を支援するという。

 同システムは、インメモリデータベースプラットフォーム「SAP HANA」と中小企業向け基幹業務システム「SAP Business One」を組み合わせたもの。トランザクション処理とアナリティクスの両方をリアルタイムに行うため、データウェアハウスを別に準備する必要がなく、より低コストで環境を構築できるという。

 新機能の「エンタープライズサーチ」では、システム内全体に対しての検索機能を持ち、その検索結果のデータをさらにドリルダウンして伝票などの必要な情報にアクセスすることができる。また、シミュレーションに基づくキャッシュフロー予測など、高負荷を要求する分析処理も可能としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。