ニュース
» 2013年05月10日 12時17分 UPDATE

展示会レポート:展示会で見たIT業界トレンドその2――機械学習エンジン、ワークスタイル変革 (1/2)

ITベンダ各社が結集したイベントから業界トレンドの一部を紹介。今回は、タブレットデバイスを使ったワークスタイル変革やデータ活用のためのテクノロジを中心に紹介します。

[原田美穂,@IT]

 2013年5月8〜10日の3日間、リード エグジビジョン主催の展示会「第4回 クラウドコンピューティング EXPO 春」「第18回 データウェアハウス&CRM EXPO」などが開催されている。同イベントは、「Japan IT Week」としていくつかの展示会が同時開催されているため、多領域にわたるソリューションが一度に見られる。本稿ではその1に続き、クラウド関連の企業動向を中心に一部他領域の出展企業についても紹介する。

自社全体がデモ環境に Microsoftブースはかなりの「人だかり」

 日本マイクロソフトのブース展示はやはり、Windows 8、そしてSurface、Office 365によるワークスタイル変革を前面に押し出したものだ。

mhdb_microsoft.jpg 日本マイクロソフトのブースデモ。自社でのWindows 8やOffice 365などの利用事例を紹介するとともに、オフィス見学会の案内も

 日本マイクロソフトでは、自社そのものを、同社セミナー参加者向けにデモ環境として公開している。ブースでは、社内の様子を交え、利用シーンなどを紹介した。

 ブース内展示では、Windows AzureやWindows Server 2012による仮想サーバ運用環境の展示なども。Windows Azureに関しては、Webアプリケーション開発者に向けたメッセージを押し出していた(関連記事1関連記事2)。

mhdb_azure.jpg

 「Windows AzureはMicrosoftテクノロジに閉じていない。PHPもPythonもNode.jsも使えるうえ、最小構成のインスタンスであれば無料。Webサイト構築専用の『Webサイト』というインスタンスも用意されているので気軽に試せます」(ブース説明員)

mhdb_cloudia.jpg 一部で人気の「クラウディアさん」と名刺交換。記事掲載について快くOKをいただきました

AWSブースにSAPのロゴが

 アマゾンデータサービスジャパンのブースでは、AWSのプラットフォームを採用しているアプリケーションベンダが多数デモ出展していた。中でも、自社での展開だけでなくパートナープラットフォーム上での展開にも注力しているSAPに注目が集まった。

mhdb_aws.jpg
mhdb_aws_sap.jpg

 「SAP HANA Cloud」計画が発表されたのは2012年10月、SAP HANA OneプラットフォームのAWSマーケットプレイス経由での提供(関連記事)も記憶に新しい。直近では、SAP HANAのクラウド提供に加え「SAP HANA Enterprise Cloud」の提供も発表している(関連記事)。奇しくもクラウド環境での展開を強化する同社の展開をAWSブースで見た形になった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。