連載
» 2013年05月13日 18時00分 UPDATE

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(42):ActionBarで、アプリのUIはこんなにスマートになる (1/3)

Android 4.x時代のアプリに欠かせないActionBarのタブモードとリストモード、カスタムビューの使い方や注意点を解説します。

[緒方聡,イーフロー]

ActionBarのタブモード、リストモード、そしてカスタムビュー

 今回は前回の「Android 4.x時代のアプリにないと残念なActionBarとは」に引き続き、ActionBarに関して解説していきます。ActionBarのタブモードとリストモード、そしてカスタムビューを取り上げます。

 以下の動画で今回のサンプルアプリの主な動作を紹介します。

movie.mp4

 サンプルアプリは、以下よりダウンロード可能です。

ADTのひな型作成機能を使う

 今回のサンプルは、Android Developer Tools(以下、ADT)のアプリ作成ウィザードで生成したテンプレートを基に機能を追加指定します。

wizard01.png 図1 ウィザード1

 デフォルトでは[Minimum Required SDK]はAPI 8になっていますが、ここではAPI 11に設定しています。これは、今回紹介するActionBarのリストモードがAPI 11を要求するためです。

 [Package Name]で警告が出ています。これは「com.example」で始まるパッケージ名のアプリはGoogle Playストアにアップロードできないことを意味しています。

wizard02.png 図2 ウィザード2

 筆者はプロジェクトをDropboxに入れる習慣があるのですが、作成場所がデフォルトで良ければ、特に変更する場所はありません。

wizard03.png 図3 ウィザード3

 アプリアイコンの設定画面です。[Clipart]から「ドロイド」アイコンを選びました。

wizard04.png 図4 ウィザード4

 デフォルトの「Blank Activity」を選択します。

wizard05.png 図5 ウィザード5

 [Navigation Type]は「Fixed Tabs+Swipe」を選択します。これで、タブが3つある、スワイプでタブ切り替え可能なひな型の完成です。

 なお前回のアプリではあえて取り外した「Android Compativility Package」を、今回のアプリではそのまま組み込んでいます。

 このADTで作成可能なひな型は、かなり良くできているので、使用可能な場合は積極的に使用することをお勧めします。

 次ページからは、今回のアプリに追加した機能を解説していきます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。