ニュース
» 2013年05月13日 11時50分 UPDATE

今後も月次でリリース予定:Hadoopアプリ開発キット「Cloudera Development kit」を公開

Hadoop環境用のアプリケーション開発やデータ操作を容易にする開発キットをClouderaが公開。「いまどき」のアプリケーション開発者に扱いやすい環境を整備する。

[原田美穂,@IT]

 米Clouderaは、2013年5月7日、Hadoop用アプリケーション開発キット「Cloudera Development kit(CDK)」をGitHub上で公開した(リンク)。現在のバージョンは0.2.0。ライセンスはApache License V2を採用している。

 CDKには、Clouderaの提供するHadoopディストリビューション用のアプリケーション開発を容易にするライブラリ群、ツール類、サンプルコード、ドキュメントが含まれる。

 現リリースにはHDFSやローカルのファイルシステムに含まれるデータセットに対して「徹底的にシンプルに動作する」APIセットである「CDK Data module」が含まれる。

 OSSで公開されているデータシリアライゼーションシステム「Avro」同様にJava POJOのシリアライズ/デシリアライズや、圧縮、ファイルおよびディレクトリレイアウトの管理、構成可能な機能群をベースとした自動パーティショニングなどの機能をAPI群として提供する。

 Clouderaでは、今後も多様なCDKモジュールを随時提供していくとしており、今後は月次でのリリースサイクルを計画、早期にバージョン1.0のリリースを目指すとしている。

mhdb_clouderaweb.jpg ClouderaのWebサイト内にある開発プロジェクトサマリ 6月6日にはバージョン0.3.0のリリースが予定されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。