ニュース
» 2013年05月16日 08時00分 UPDATE

AzureとHarmonious Cloudで提供:「リーフ」のプローブ情報分析結果がクラウド経由で利活用可能に

テレマティクス情報の活用が本格化。日産と日立が車両情報を活用したサービス提供を開始する。

[原田美穂,@IT]

 日産自動車は2013年5月15日、同社が提供している電気自動車「リーフ」の車載情報システムが蓄積する情報を、保険会社向けに提供すると発表した。日立製作所グループ企業がリーフ向けに提供している車載情報システム「テレマティックス通信ユニット」(TCU)が蓄積している個々の自動車の走行履歴情報などを、日産自動車が収集する。収集したデータは日立製作所が独自に分析・加工したうえで、「日立テレマティクスデータ加工配信サービス」として提供する。サービスの提供開始は5月17日。この情報の利用第一弾として、損害保険ジャパン(損保ジャパン)が7月1日から提供を開始する個人向け走行距離連動型自動車保険でのデータ連携がスタートする。

mhdb_image.jpg サービスのイメージ(日立製作所のリリースより)

 日産自動車では以前より、充電スポット情報や、バッテリ残量予測サービスなどの情報提供を行っている。情報は「日産カーウイングスデータセンター」が収集している。リーフの車載データ通信モジュールは同データセンターと常時接続しており、車両情報を提供する一方で、車両オーナー側はドライビングサポート情報やバッテリ情報などの提供を受けてきた。

 今回の発表では、走行距離や燃費/電費などの履歴情報や電池残量、位置情報などの情報を収集したうえで、加工を日立製作所側で実施するというものだ。これらの情報収集・加工・利用は車両購入者と自動車会社、自動車会社と利用企業間での契約に基づいて実施される。

 日立製作所が提供する日立テレマティクスデータ加工配信サービスは、日立グループが提供する「Harmonious Cloud」環境とマイクロソフトが提供するWindows Azureを組み合わせたシステムとして提供するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。