ニュース
» 2013年05月17日 17時06分 UPDATE

AndroidアプリとWebアプリ間で:Google、クロスプラットフォームのシングルサインオン技術を紹介

米Googleはサンフランシスコで開かれている年次開発者会議「Google I/O」のAndroidに関するキーノートで、クロスプラットフォームのシングルサインオン技術を紹介した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleはサンフランシスコで開かれている年次開発者会議「Google I/O」のAndroidに関するキーノートで、クロスプラットフォームのシングルサインオン技術を紹介した。

 この技術を利用すると、Android端末のモバイル決済サービス「Google Wallet」とGoogle+のユーザーは、Webブラウザでいったんサインオンすれば、自動的にAndroidアプリのダウンロードやアプリへのサインオンができるようになる。

 同社はこの技術をサポートするため、クロスクライアント認証機能を実装するための汎用APIツールを公開している。同ツールは特に、AndroidとWebアプリ間のクロスクライアント認証実現を意図しているという。

 Android側では、「PlusClient」「GamesClient」「WalletClient」などのクライアントライブラリも、可能な限りサインオンを自動化する「コネクト」と呼ばれる機能を備えている。また、サーバサイドのコードでは、「Google+ Sign-In」などのライブラリを使えば、可能な限りユーザーにサインオンを繰り返させずに済むという。

 一方、あまり自動化を望まず、ライブラリではなくHTTPレベルでGoogleのサービスにアクセスしたい場合や、Android端末上の複数アカウントへの対応をカスタマイズしたい場合でも、サインインを避ける方法はあるとGoogleは解説する。そうした機能をサポートするための低レベルプロトコルやAPIについても紹介している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。