ニュース
» 2013年05月22日 20時01分 UPDATE

モバイルカメラやセンサーを操作:Khronos、カメラコントロールの標準API策定へ

Khronos Groupは5月21日、モバイルカメラやセンサーを操作するためのオープンな標準となるAPIを新たに策定する計画を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 OpenGLなどの業界標準を策定する業界団体、Khronos Groupは5月21日、モバイルカメラやセンサーを操作するためのオープンな標準となるAPIを新たに策定する計画を発表した。

 Khronosは新しいAPIの目的について、画像処理高速化のためのAPIは既に策定されているが、カメラのセンサーやレンズ、フラッシュの低レベルコントロールができるカメラAPIはまだ存在していなかったと指摘する。

 新たに策定を目指すカメラコントロールAPIは、ロイヤリティフリーのクロスプラットフォームAPIとなる。センサーやフラッシュ、レンズのバースト制御、センサーサンプルのシステムワイドタイムスタンプ、マルチプルセンサーコントロール、出力フォーマットと解像度の選択、関心領域の抽出、一貫したデバイスとフレームのメタデータといった機能を備える。

 このAPIを策定するための「Camera作業部会」も設置され、2013年6月から作業に着手する。Khronosでは、モバイルや組み込みカメラ、センサー、画像処理などの技術を持つ企業の参加を呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。