ニュース
» 2013年05月23日 15時36分 UPDATE

Windows Azure情報アップデート 日本企業の利用を後押し::Windows Azureデータセンターを日本国内2拠点に設置へ

米マイクロソフトのCEOであるスティーブ・バルマー氏が来日。同社クラウドOSビジョンを推進するカギの1つであるWindows Azureサービスにおいて、日本国内にデータセンターを置くことを発表した。

[原田美穂,@IT]

 2013年5月23日、米マイクロソフトのCEOであるスティーブ・バルマー氏が来日。Windows Azureサービスにおいて、日本国内にデータセンターを置くことを発表した。

mhss_balm.jpg バルマー氏は壇上で、マイクロソフトを「デバイス&サービスカンパニー」と位置付け、もはやOSやソフトウェア提供企業ではないことを強調した

 データセンターは、「首都圏近郊」と「関西圏」の2つ。サービス開始については明言はなかったものの、近々でのサービス提供を予定しているという。

 Windows Azureのデータセンターについては、アジア地域では香港やシンガポールに拠点があったが、今まで日本国内に拠点がなく、エンタープライズ利用での障壁となっていた。マイクロソフトのクラウドサービス利用事例として、大手日本企業ではトヨタ自動車が挙げられるが、日本国内に関してはプライベートクラウドとオンプレミス環境を採用していた(関連記事)。

 今後、日本国内の法規が適用される国内データセンターが利用できるようになれば、企業の資産に相当する情報などでの活用も視野に入れられるようになる。

 この他、富士通とのパートナーシップ強化についても、「双方のソリューションを高める形で進んでおり、近々に発表できる」との発言もあり、富士通が現在推進しているクラウドビジョン体系との密に連携したサービス展開の可能性を示唆した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。