ニュース
» 2013年05月23日 16時09分 UPDATE

ダウンロードファイルはGoogle Driveへの移行を推奨:Google Code、ダウンロード機能の提供を中止

米Googleは5月22日、オープンソースプロジェクト用の無償ホスティングサービス「Project Hosting on Google Code」で提供していたファイルのダウンロード機能を、段階的に廃止すると発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは5月22日、オープンソースプロジェクト用の無償ホスティングサービス「Project Hosting on Google Code」で提供していたファイルのダウンロード機能を、段階的に廃止すると発表した。

 Project Hostingでは、オープンソースプロジェクトのバージョン管理や問題追跡、wikiなどの機能を提供し、ファイルを一般にダウンロード提供することが可能だった。ところが最近になって、ダウンロード機能が悪用されるケースが急増したという。

 このためGoogleは、「コミュニティの安全とセキュリティを守るため、ダウンロード機能を非推奨とすることにした」と説明する。

 5月22日の時点でファイルをダウンロード提供していない既存のプロジェクト、および新規の全プロジェクトについては、同日からダウンロードができなくなった。

 既存のプロジェクトでファイルのダウンロード提供を行っている場合は、2014年1月15日以降、新規のダウンロード作成ができなくなる。現在ダウンロード提供中のファイルについては「当面の間」、アクセス可能な状態を継続するとしている。

 定期的に新しいダウンロードを作成しているプロジェクトについては、2014年1月15日までに別のサービスにダウンロード機能を移すよう勧告しており、代替サービスとしてGoogle Driveの利用を推奨している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。