ニュース
» 2013年05月24日 20時54分 UPDATE

Mac OS XとLinuxにも近いうちに対応予定:Google、Chromeアプリの通知機能を刷新、最新βに実装

Chromeアプリの通知機能がリッチに。画像なども表示でき、通知画面からダイレクトにメール操作に遷移可能になるなど、利便性が増している。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは5月23日に公開したChrome 28のβ版で、インターフェイスを刷新したリッチな通知機能をChromeアプリや拡張機能に実装できるようになったと発表した。

 Chromeはこれまでもベーシックな通知機能はサポートしていたが、新しい通知機能では、フォーマットされたテキストやアイコン、画像などを表示できるようになった。アクションボタンを作成して、例えば通知画面から直接メールに返信するといった機能を組み込むことも可能。通知はブラウザ外にポップアップ表示されるため、ユーザーがブラウザを開いていなくても届けることができるという。

 自分のアプリからの複数の通知をまとめて一覧表示するリスト機能も利用できる。例えばメールアプリで複数の未読メールを1件の通知に表示させるといったことが可能だ。

 通知は優先度を指定して、画面にどのくらいの時間表示させるかを設定できる。この時間を過ぎた通知は通知センターに格納される。

 通知センターには、ChromeOSのランチャーおよびWindowsのシステムトレイからアクセスできる。ユーザーはここから通知の閲覧や削除ができ、各アプリや拡張機能、Webサイトごとに、通知の許可・不許可を設定することが可能。

 新しい通知機能はWindows向けChromeのβ版と、ChromeOSの開発者向けビルドで利用できる。Mac OS XとLinuxにも近いうちに対応予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。