ニュース
» 2013年05月29日 15時12分 UPDATE

ぷらっとホームの小型サーバを採用:オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」がアプライアンスに

Zabbix Japanは5月29日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix 2.0」を搭載したアプライアンス製品「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5200」を発表した。

[高橋睦美,@IT]

 Zabbix Japanは5月29日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix 2.0」を搭載したアプライアンス製品「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5200」を発表した。

 Zabbixは、サーバのリソースやプロセス、ネットワーク機器、WebやJavaアプリケーションなどの稼働を監視し、障害が発生した場合に通知する統合監視ソフトウェアだ。SNMPトラップの監視をはじめとして豊富な監視機能を備えていること、収集したデータを基に詳細なグラフを作成できることなどが特徴だ。

mt_zabbix.jpg

 Zabbix Enterprise Appliance ZS-5200はこのZabbixを、ぷらっとホームの小型サーバに搭載したアプライアンス製品だ。アプライアンス化により、サーバの購入にはじまり、セットアップやZabbixのインストール、周辺ソフトウェアの設定といった繁雑な作業を省き、容易にシステム監視運用業務を始められることがメリットだ。

 CPUにARM Cortex-A9をベースとしたMarvellの「ARMADA XP」を採用することで低消費電力化を実現、ファンレス、スピンドルレス構造にしたことで省スペース化している。OSおよび各種ソフトウェアはZabbix専用機として最適化を行っており、監視マネージャ自体の自己監視/自動復旧も可能だ。

 Zabbix Enterprise Appliance ZS-5200では、約200システムまでを監視できる。周辺温度が50度でも動作可能となっており、オフィスだけでなく店舗や工場など、さまざまな場所で導入可能という。価格は29万8000円、センドバック保守などを含む保守費用は10万円。6月17日に出荷を開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。