ニュース
» 2013年05月29日 16時33分 UPDATE

IBM SCEの価格は平均20%値下げ:日本IBM、企業向けクラウド「IBM SmarterCloud」を機能強化

「IBM SCE R2.3」ではオブジェクトストレージなどの機能強化が、「IBM SCAS R1.1」ではモバイルアプリケーション開発環境に適したパターンの追加などが図られている。

[藤本和彦,@IT]

 日本IBMは2013年5月29日、企業向けクラウドサービスとして提供するIaaS「IBM SmarterCloud Enterprise(IBM SCE)」とPaaS「IBM SmarterCloud Application Services(IBM SCAS)」の機能強化を発表した。

 IBM SCEは、世界6個所あるIBMのデータセンターで運用するパブリッククラウドサービス。最新となる「IBM SCE R2.3」では、オブジェクトストレージが全てのユーザーで利用可能になった。また、Windowsインポート・コピー機能も全てのユーザーで利用できるようになった。これにより、ユーザー所有のWindows ServerをIBM SCE上にインポートして使用できる。価格も平均20%値下げする。

 IBM SCASは、IBM SCE上で稼働するPaaSだ。アプリケーションの開発、構成、統合、保守などに必要な情報を、あらかじめ「パターン」として定義することで、開発期間の短縮やライフサイクル管理の効率化、運用のセミオートメーション化を実現するもの。最新の「IBM SCAS R1.1」では、モバイルアプリケーション開発環境に適したパターンの追加、稼働中のVMの監視などの機能が追加された。加えて、データベースパターンの機能を強化し、DBスナップショットの取得やクローニングも可能になった。

 IBM SCE R2.3はIBM SCASと合わせて最大60日間のトライアルを利用することができる。IBM SCAS R1.1は、6月28日からグローバルでサービス提供を開始する。

 日本IBMでは、今回の発表に先立つ5月13日には、IBM SmarterCloudにおいて「OpenStack」や「OASIS TOSCA」といったオープンスタンダードを推進し、IaaS/PaaSでのクラウド間の相互運用性を高めていく方針を発表している(関連記事)。また、続く5月22日には、この方針に沿った製品として、企業におけるオープンクラウド環境の構築と管理を自動化するソフトウェア製品「IBM SmarterCloud Orchestrator」を発表している(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。