ニュース
» 2013年05月30日 16時11分 UPDATE

ログイン機能を組み込み可能に:AWS、FacebookやGoogleとのID連携をサポート

クラウドベースのモバイルアプリにFacebookやGoogle、および「Login with Amazon」といったサービスへのログイン機能を組み込むことが可能になる。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は5月28日、ID/アクセス管理機能の「AWS Identity and Access Management(AWS IAM)」を拡張し、FacebookやGoogleとのID連携をサポートする新しいAPIを発表した。

 AWSによると、新しいSecurity Token Service (STS) APIの「AssumeRoleWithWebIdentity」では、Amazon.comやFacebook、Googleによって認証されているアプリケーションユーザーのための一時的なセキュリティ証明書を要求できる。この証明書を使って、Amazon Simple Storage Service (S3) オブジェクトや、DynamoDBのテーブル、Amazon Simple Queue ServiceのキューなどのAWSリソースにアクセスする。

 これにより、クラウドベースのモバイルアプリにFacebookやGoogle、および「Login with Amazon」といったサービスへのログイン機能を組み込むことが可能になる。ユーザーは自分のAmazon.comやFacebook、GoogleのIDを使ってアプリにログインすることができ、AWSアカウント下で管理されているAWSリソースへのアクセスもシームレスに認証される。サーバサイドのコードを書いたり、アプリと共に長期のAWSセキュリティ証明書を配信したりする必要はないという。

 Login with Amazonは、同社がこのほど発表した新サービスで、ユーザーが手持ちのAmazonアカウントを使ってアプリやゲームなどのさまざまなサービスにログインできる。デベロッパは無償で利用でき、アプリなどに簡単に組み込めるという。認証フレームワークはOAuth 2.0をベースとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。