ニュース
» 2013年06月05日 17時50分 UPDATE

MSDNユーザーへのAzure利用推進策も:マイクロソフト、ALMツール「InRelease」を買収

マイクロソフトは、米国の開発者向けイベント「TechEd North America 2013」の基調講演で、クラウドOS戦略に向けた同社製品群の次版のリリース予告を続々と発表した。6月末の「Build 2013」ではいくつかのプレビューが披露される見込みだ。

[原田美穂,@IT]
mhss_barm.jpg 基調講演で登壇した米マイクロソフト コーポレート・バイス・プレジデンのブラッド・アンダーソン氏。Azureのユーザー企業であるフォードの車両に乗って登場した(関連リンク

 米マイクロソフトは、2013年6月3日(現地時間)、米国で開催中の「TechEd North America 2013」において、6月末にパブリックプレビュー版のリリースを予定している「Windows Server 2012 R2」「System Center 2012 R2」「SQL Server 2014」、および「Windows Azure BizTalkサービス」を披露した。Windows Server 2012 R2、System Center 2012 R2は2013年末までに正式版をリリースする。SQL Server 2014は「その直後」をリリース時期としている。

mhss_scr2image.jpg System Center 2012 R2ではライブマイグレーション速度の改善が行われている(基調講演動画より、リンク

 併せて、統合開発環境である「Visual Studio 2013」も発表した。Visual Studio 2013もCTP版を今月末にリリースする。開発者向けのトピックとしてはこのほか、InCycle Softwareのアプリケーションリリース管理製品「InRelease」部門の買収を発表している。InCycle Softwareは、米マイクロソフトのパートナー企業であり、同製品はTeam Foundation Server向けの「継続的デプロイメントツール」として提供されてきたものだ。

mhss_inrelease.jpg InReleaseの動作イメージ Team Foundation Serverと併せて利用することで継続的デプロイを実施する(InCycle SoftwareのWebページから引用)

 同時に、Windows 8およびWindows RT向けのCTP版もリリースする。こちらは、System Center Configration Manager 2012 R2やサードパーティ製MDMツールへの対応が含まれる予定だ。

 この他、MSDNサブスクライバ向けには月額150ドル相当のAzureプラットフォームサービスを追加費用なしで利用できる特典も発表している(開発用サーバインスタンス3つへの接続を無償提供する)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。