ニュース
» 2013年06月05日 18時50分 UPDATE

エンタープライズ向けWebアプリケーション実行環境の機能を強化:IBM WebSphere Application Serverの最新版となるV8.5.5を発表

WebSphereの新版がリリースされる。従来、個別に提供してきた機能を統合し、使い勝手を向上、Webアプリケーションサーバに求められる信頼性を向上している。

[原田美穂,@IT]

 日本IBMは2013年6月5日、WebSphere Application Server(WAS)の最新版となるV8.5.5を発表した。6月14日から、日本IBMおよび同社パートナー企業経由で提供を開始する。ライセンス利用料金は3784円〜(税込み、Expressエディションの1プロセッサ・バリュー・ユニット当たりの価格)。

 V8.5から提供しているJavaの軽量ランタイム「Liberty Profile(リバティー・プロファイル)」で新たにJava EE 6のWebプロファイルに準拠、従来別製品として提供してきた分散オブジェクトキャッシュ機能「IBM WebSphere eXtreme Scale(eXtreme Scale)」をWASに同梱して提供、WASのライセンスのみで利用できるようにしている。

 Liberty Profileは、フットプリントが小さく起動が早い点が特徴で、通常のWASが提供する大規模Webアプリケーション向けの構成設定などを経ずに利用できる点が特徴。スモールスタートでの開発に適している。新版では、従来のLiberty Profileの機能に、Webサービスやメッセージング機能を追加している。併せてユーザーが独自に機能追加するためのインターフェイスも提供する。

 また、eXtreme Scaleでは、複数メモリ間でデータやロジックを動的に分割/複製、管理する機能を持っていることから、大規模トランザクション処理の高速化が期待できる。また、耐障害性の面でも、トランザクション整合性を保った状態で安全なサーバ切り替えを実施できるため、アプリケーションサーバそのものの信頼性が高まる。eXtreme Scaleの機能はBaseエディション以上のエディションに含まれる。

 WAS V8.5.5ユーザーには、デスクトップ環境向け開発環境「IBM WebSphere Application Server for Developers V8.5.5」「WebSphere Application Server Developer Tools for Eclipse V8.5.5」のサポートも提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。