ニュース
» 2013年06月06日 19時31分 UPDATE

要望に応じて「CardDAV」「CalDAV API」は一般公開:Googleが「Maps Engine API」を発表、アプリから地図情報にアクセス

米Googleは6月5日、同社の企業向け地図作成プラットフォーム「Google Maps Engine」を使ってカスタマイズした地図アプリを構築できる「Google Maps Engine API」を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは6月5日、同社の企業向け地図作成プラットフォーム「Google Maps Engine」を使ってカスタマイズした地図アプリを構築できる「Google Maps Engine API」を発表した。また、カレンダー情報にアクセスするための「CalDAV API」および連絡先情報にアクセスする「CardDAV」を一般公開に踏み切った。

 Googleによると、Maps Engine APIではGoogle Maps Engineに直接アクセスして、同社のクラウド上でホスティングされている空間データを読み込みんだり編集したりすることが可能。WebやAndroid、iOS、サーバ、GISソフトウェアなどあらゆるプラットフォーム上で、店舗検索やクラウドソース地図、緊急対策地図といったアプリケーションが構築できるという。

mt_googlemapsapi.jpg

 例えばFedEx.comはこのAPIを使って5万以上の販売店を検索できるアプリを、IRISは公益企業が地下パイプラインの場所を確認できるアプリを開発しているという。

 Google Maps EngineやMaps Engine APIを利用するには、Googleの営業部門に連絡を取る必要がある。

 一方、Web上のカレンダー情報にアクセスするためのオープン標準、「CalDAV」は、3月に発表した時点でパートナーオンリーのAPIとする意向だった。しかしデベロッパから多くの要望が寄せられたことを受けて方針を変更し、CalDAV APIの公開を続けることを決めた。さらにCardDAVは「オープン精神に基づいて」、初の一般公開に踏み切ることにしたという。

 CalDAV API、CardDAVとも、Google APIs Consoleへの統合や、OAuth 2.0認証への対応などの新機能も加わった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。