ニュース
» 2013年06月10日 19時18分 UPDATE

米国を皮切りに世界展開の予定:仮想デスクトップクラウドサービスの開発で東芝とヴイエムウェアが協力

東芝とヴイエムウェアは6月10日、仮想デスクトップクラウドサービスの開発に関して両社が協力することに基本合意したと発表した。

[山口哲弘,@IT]

 東芝とヴイエムウェアは6月10日、仮想デスクトップクラウドサービス(Desktop as a Service)の開発に関して両社が協力することに基本合意したと発表した。ヴイエムウェアは東芝をパートナー企業と位置づけ、動作検証に協力したり、エンジニアを派遣したりするなど、システム開発を支援する。

 今回開発するシステムは、東芝ソリューションのストレージ製品「Toshiba Total Storage Platform」に、ヴイエムウェアのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Horizon View」を組み合わせたシステムを中核とする。東芝はサービス提供のためのクラウド基盤を設計・構築し、ヴイエムウェアはVMware Horizon Viewを提供するとともに、サービス開発に技術協力する。さらに東芝は、このサービスを2013年秋から米国を皮切りに全世界に向けて展開する予定で、両社はマーケティング面でも協力するとしている。

 仮想デスクトップクラウドサービスとは、エンドユーザーが利用するデスクトップ環境を、仮想化技術を利用してクラウド事業者のシステム上で稼働させ、社内外を問わずどこからでも職場のデスクトップ環境が使えるようにする仕組み。データもクラウド環境に保存する。これによってデータの損失を回避したり、セキュリティの向上を図ったりすることができるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。