連載
» 2013年06月14日 18時00分 UPDATE

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(43):Eclipse ADTに代わるIDEとなるか? Android Studioの基礎知識 (1/4)

新しく発表されたオープンソースのAndroidアプリ開発環境について、概要や使い方、注意点、Eclipse ADTからの移行方法を解説。最大の特徴は複数デバイスの同時表示。IntelliJ IDEAベースで、ビルドツールにGradleが使われている点も注目だ。

[緒方聡,イーフロー]

Android Studioとは、基になったIntelliJ IDEAとは

 2013年5月15日から3日間、サンフランシスコで開催されたGoogle I/Oでは、新しいAndroid APIとAndroid向けの新しいIDE、「Android Studio」が発表されました。

android43_34.jpg

 今回の記事では、この新しいIDEである「Android Studio」についてのインプレッションを紹介します。なお、新しいAPIについても本連載で取り上げる予定です。

 Android Studioとは「IntelliJ IDEA」というオープンソースのIDEを基にAndroid向けに最適化された統合開発環境です。

android43_35.jpg

 IntelliJ IDEAはチェコに本社を置くJetBrains社が開発、オープンソース化した開発環境です。Javaで実装されており、多言語をサポートしています。

 日本ではそれほど話題になってはいませんが、世界的にはEclipseの次に人気のあるIDEということです。国内ではNetBeansに位置するIDEといえば、感覚的に理解しやすいかもしれません。

 IntelliJ IDEAについては、下記記事も参照してください。

Android開発者にとって、Android Studioの気になる点をレビューする

 Android開発者にとって、Android Studioの気になる点は、以下ではないでしょうか。

  • Eclipse ADT(Android Development Tool)と何が違うの?
  • Eclipse ADTから乗り換える必要があるの?

 本記事では、この疑問に応えるべくAndroid Studioをレビューしました。

Android Studioのインストール

 Android Studioは以下のサイトからダウンロード可能です。

 原稿執筆時点でAndroid Studioはv0.1.1のearly access previewです。不具合などが含まれている可能性が十分にあるので、そのつもりで評価してください。

 Windows、OS X、Linux用が用意されています。今回はWindowsにインストールしてみます。アイコンの感じからしてインストーラが「NSIS(Nullsoft Scriptable Install System)」で作成されているように思えます。インストールはすべてデフォルトの選択で問題ありません。

 ただ、この連載の読者なら問題ないと思いますが、あらかじめJDKがインストールされている必要があります。

 Android Studioを起動すると以下のようなスプラッシュの後、メインウィンドウが立ち上がります。

android43_1.jpg
android43_2.jpg

 メイン画面下部のステータスバーに「Check」というハイパーリンクがあり、ここをクリックすると最新バージョンのチェックが可能です。

android43_3.jpg

 ここでは更新して0.1.2にしてあります。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。