ニュース
» 2013年06月17日 16時21分 UPDATE

現時点では一部ユーザーに限定か:Twitter、ツイート解析ツールを一般ユーザーにも提供

米Twitterが広告主向けに提供していたツイート解析ツールを、一般ユーザー向けにも無償で提供し始めているという。The Next Webが6月13日付で伝えた。

[鈴木聖子,@IT]

 米Twitterが広告主向けに提供していたツイート解析ツールを、一般ユーザー向けにも無償で提供し始めているという。The Next Webが6月13日付で伝えた。

 このツールは、米広告会社SHIFT Communicationsの幹部が発見してブログで報告した。Twitter画面の設定ボタンから「Twitter広告」を選択すると広告用のホームページが表示され、画面上部の「Analytics」のメニューから「Timelineアクティビティ」が選択できたと伝えている。

 このページには、過去3日間のメンション数とフォロー数/フォロー解除数を示すグラフが表示され、各ツイートごとにお気に入り、リツイート、リプライなどの回数が参照できたという。

 また、ツイートに含めたリンクがクリックされた回数もチェックでき、こうした統計をCSVファイルとしてダウンロードすることも可能。フォロワー数の変遷や、フォロワーの関心事、地域、性別といった分類も表示されていたという。

 The Next Webによると、Twitterの広告ダッシュボードはこれまで、主に広告ディスプレイ枠を有料で購入した企業などのユーザー向けに提供されていた。

 しかしTwitterは4月から、セルフサービス式の広告プラットフォームを米国内の全ユーザーが利用できるようにしており、今回の解析ツール提供で、ユーザーは自分のツイートの人気度やパフォーマンスをチェックすることも可能になる。

 ただし現時点でこの解析ツールが利用できるのは、まだ一部ユーザーに限られる模様。Mashableによれば、Twitterは同ツールについて、まだ幅広いユーザーへの提供に向けた「実験」を行っている段階だと説明しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。