ニュース
» 2013年06月20日 16時19分 UPDATE

node.jsに対応:「MySQL Cluster 7.3」リリース、外部キー制約を実装

米Oracleは2013年6月18日、「MySQL Cluster 7.3」のGA(一般提供)を発表した。要望の多かった外部キー制約が実装され、分散型データベース構築機能が強化されている。

[鈴木聖子,@IT]

 米Oracleは2013年6月18日、「MySQL Cluster 7.3」のGA(一般提供)を発表した。要望の多かった外部キー制約が実装され、分散型データベース構築機能が強化されている。

 発表によると、外部キーでは別々のノードに分散されたテーブルの間で自動的に参照整合性を強制することにより、データモデリングの強化とアプリケーションロジックの簡素化が実現できる。

mysql_cluster_73_enhancements.png MySQL Cluster 7.3の特徴(米Oracleのプレスリリースより)

 また、NoSQL JavaScriptコネクタによってnode.jsアプリケーションからMySQL Clusterへのネイティブアクセスが可能になり、SQLレイヤをバイパスできるようになった。

 Connection Thread Scalabilityでは、データノードへの各接続のスループットを向上させ、プロビジョニングが必要な接続の数を削減。パフォーマンステストの結果、接続当たりのスループットは最大で7.5倍高速化されることが示されたとしている。

 MySQL最新版の「MySQL 5.6」もサポートされ、単一のデータベース内でInnoDBとCluster NDBストレージエンジンを組み合わることが可能になった。

 さらに、ワークロードや環境に合わせてプロダクショングレードクラスタを高速設定できるGUIベースのAuto-Installerも実装された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。