ニュース
» 2013年06月25日 15時08分 UPDATE

まずは参議院議員選挙候補が対象に:SNSアカウントなどのなりすまし防止技術、シマンテックと共同通信デジタルがサービス提供開始

シマンテックと共同通信デジタルは、Webページ単位の認証サービスを開始する。参議院議員選挙でインターネットを利用した選挙活動が解禁されるのをひかえ、なりすましの防止を目的とする。

[山口哲弘,@IT]

 シマンテックと共同通信デジタルは6月25日、Webページ単位の認証サービスを開始すると発表した。7月に行われる予定の参議院議員選挙でインターネットを利用した選挙活動が解禁されるのをひかえ、なりすましの防止を目的とする。

 SSLを利用するなどの従来の第三者機関による認証サービスはドメイン単位だったのに対して、今回発表されたサービスは、例えば候補者のWebページやSNSアカウントといったWebページの単位で認証する。認証済みのページには「マイページトラストマーク」と呼ぶ、シマンテックと共同通信デジタルが発行する認定シール(画像)がはり付けられる。

 さらに7月5日には、共同通信デジタルは「THE OFFICIALS」と呼ぶ、認証済みページの一覧サイトを開設する予定。当初は参議院議員選挙の候補者を主な対象とし、今後は芸能人や企業の代表者などにも広げたい考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。