ニュース
» 2013年06月25日 15時48分 UPDATE

Windows AzureでOracle製品を提供:MicrosoftとOracleがクラウドで戦略提携

米Microsoftと米Oracleは、クラウド事業に関して提携した。Windows Server Hyper-VとWindows Azure上で、Oracle製ソフトウェアの認定とサポートを提供する。

[鈴木聖子,@IT]

 米Microsoftと米Oracleは6月24日、クラウド事業に関する戦略提携を結んだと発表した。Oracleは、Microsoftの仮想化プラットフォーム「Windows Server Hyper-V」とクラウドサービス「Windows Azure」上で、Oracle製ソフトウェアの認定とサポートを提供する。また、新たなライセンスモビリティ制度を導入し、Windows AzureでOracleのソフトウェアライセンスを利用できるようにする。

 Oracleのライセンスを持たない顧客のためには近い将来、JavaやOracle Database、WebLogic Serverといった主要Oracleソフトの一般的な構成をインフラストラクチャサービスインスタンスに追加する。また、Windows AzureでOracle Linuxを起動できるようにする。さらに、完全ライセンスとサポート付きのJavaをWindows Azureで提供し、Java開発者に対する柔軟性と選択肢の向上を図る。

 今回の提携について両社は、MicrosoftのインフラでOracleのソフトウェアを利用してきた多くの顧客のために、カバー範囲をクラウドにも広げ、顧客によるクラウド利用を支援すると説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。