ニュース
» 2013年06月25日 19時09分 公開

Cisco Live 2013:「逆SDN」も推進、米シスコがネットワーク製品を集中発表

米シスコが企業ネットワーキング製品群で最上位機種を含む新製品を発表した。また、同社ネットワーク機器が接続性を提供するだけでなく、ネットワークと融合したアプリケーションの開発を支援する環境を整備していくことを、改めて強調した。

[三木泉,@IT]

 米シスコシステムズは6月24日(米国時間)、同社が米国で開催中のイベント「Cisco Live 2013」で、Catalystシリーズなどの企業ネットワークスイッチで集中的な発表を行った。

Catalyst 6807-XLの上に載っているボックス型の機器はCatalyst 6800ia

 「これほどのCatalyst製品群のリフレッシュは長年で初めて」とシスコはいう。最近、同社のネットワークスイッチではデータセンターをカバーするNexus製品群に注目が集まりがちだが、今回シスコは新たな最上位機種を投入するなど、企業の社内ネットワークを担うCatalystスイッチの存在価値を改めてアピールした。

 最大の発表はCatalyst 6800シリーズ。これまでのCatalyst最上位機種であるCatalyst 6500シリーズを大幅に超えるスペックを備える。10Uサイズ、7スロットのCatalyst 6807-XLはスロット当たり最大880Gbps、スイッチとしては11.4Tbpsの容量だ。同時に発表されたボックス型スイッチのCatalyst 6800iaは、これを遠隔的にラインカードのように使うことで、Catalyst 6800/6500シリーズを容易に拡張できるというものだ。設定や管理は一括してCatalyst 6800/6500シリーズ側で行える。

シスコが今回発表したネットワーク製品群

 Catalystスイッチではほかにも、有線と無線を統合できる新スーバーバイザモジュール「Catalyst 4500E Supervisor Engine 8E」が発表された。また、大規模ブランチ向けの多機能ルータ「ISR 4451-AX」、WAN最適化の「ASR 1000-AX」も発表された。

ネットワークと融合したアプリケーションのための環境を整備

 シスコは、Catalyst 6800シリーズでOpenFlow 1.3に対応する。一方で、同社はネットワーク製品で共通のAPIを提供する「Cisco onePK」の取り組みを進めている。

 同社は今後12カ月のうちに、同社のルーティング/スイッチング製品すべてでonePKをサポートするという。まず2014年第1四半期に、今回発表のISR 4451-AXとASR 1000-AXが対応するとしている。

 シスコは、これまでのSDN(Software Defined Networking)から踏み出した考え方で、同社ネットワーク製品のAPIの活用を推進しようとしている。現在一般的に議論されているSDNは、おおむねネットワーク機能をソフトウェアから制御することを目的としている。シスコはそれに加え、逆にネットワーク機器からリアルタイムで端末の位置情報などを取得し、これをアプリケーションが活用できる世界を目指している。

 例えばある病院では、医師が出勤し、病院構内に入ってきたことを、シスコの無線アクセスポイントで把握し、この情報を得たアプリケーションから、その日にこの医師が担当する患者のカルテ情報などをプッシュ送信するといったアプリケーションをつくっているという。

ネットワーク機器から、端末の接続検知、位置情報などの情報を取得、これを活用したアプリケーションをつくれるようにしていくのがCisco ONE Enterprise Networks Architecture

 シスコはこうした、SDNよりも広い、ネットワークとアプリケーションの融合のコンセプトについて、「Cisco ONE Enterprise Networks Architecture」という言葉を新たに提示し、その実現に向けた活動を進めていくとしている。SDNがデータセンターやWANでのネットワーク機器のコントトロールを意味する言葉にとどまるのなら、新しい言葉で表現する必要があるということだろう。


関連特集:プライベートクラウドをめぐる誤解

企業などの組織内で、サーバー仮想化基盤を構築・運用することが「プライベートクラウド」だと考える人は多いようだ。しかし、クラウドサービスが単なる仮想サーバーホスティングサービスでないのと同様、プライベートクラウドも単なるサーバーの仮想化統合ではない。では、プライベートクラウドを構築すべき理由とは何なのか。また、その具体的な要件とはどういったものなのだろうか。特集では将来性を加味したプライベートクラウド構築のあるべき姿を探る。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。