特集
» 2013年06月27日 18時00分 UPDATE

ガチで5分で分かるITS/BTS&使えるツール6選 (1/7)

課題管理/バグ管理とは、チケット駆動開発とは、概要やチケットの処理フロー、重要性、導入と運用の仕方、バージョン管理や継続的インテグレーションとの連携も含めて5分で解説します。おまけで使えるITS/BTSも6つ紹介。

[天沼健仁,TIS株式会社]

0分―― ITS/BTSとは、課題管理/バグ管理とは

 近年のソフトウェア開発は複雑化しており、さまざまな役割の人間が大人数かかわることも少なくありません。ソフトウェア開発を円滑に進めるためには情報の管理、共有がとても重要です。そこで活躍するのがITS/BTSです。

 ITSIssue Tracking System)、BTSBug Tracking System)は、それぞれ「課題管理システム」「バグ管理システム」と呼ばれますが、最近では両方の機能を併せ持つ場合も多く、ITS/BTSを明確に区別することは少なくなっています。

 ITS/BTSは、簡単にいうと、課題管理、バグ管理に利用するシステムです。1つの課題やバグを管理する単位を一般的に「チケット」と呼び、ITS/BTSを使う開発手法を「チケット駆動開発」(Ticket-Driven Development、TiDD)と呼びます。

 代表的なシステムにRedmineやTrac、JIRAなどがあります(後述)。これらの名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

5min_btsits.jpg

 次ページより、ITS/BTSで何ができるのかを解説していきます。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。