ニュース
» 2013年06月26日 15時44分 UPDATE

Chrome向けWebRTCアプリとの相互運用性も実現:Firefox 22が公開、WebRTCとasm.jsで高度なWebアプリの開発が可能に

Mozilla Foundationは「Firefox 22」を公開した。リアルタイムなコミュニケーション機能や高速実行可能なJavaScriptサブセットをサポートする。

[鈴木聖子,@IT]

 Mozilla Foundationは6月25日、Firefox安定版のアップデートとなる「Firefox 22」を公開した。リアルタイムなコミュニケーションを実現する「WebRTC」やJavaScriptサブセットの「asm.js」をサポートし、デベロッパが高度なアプリケーションを開発してWeb上で提供することが可能になった。

 Mozillaによると、asm.jsは3Dゲームや写真処理といった高度な処理を必要とするアプリケーションの開発に利用できる。asm.jsを使ったアプリケーションは、ユーザーが追加のソフトウェアやプラグインをインストールしなくても、Web上で直接実行することが可能だという。

 JavaScriptと、クロスコンパイラの「Emscripten」や3D描画技術の「WebGL」を組み合わせれば、低コストで高パフォーマンスのゲームやアプリケーションをWeb上で提供できるようになるとMozillaは説明している。

 一方、WebRTCでは、数行のコードだけでビデオ通話や音声通話、ファイル共有といった機能を簡単にWebアプリケーションに組み込めるといい、サードパーティーのプラグインなどは不要になる。

 WebRTCについてはGoogle Chromeとの相互運用性も実現しており、プラグインを使わなくても、Firefox向けWebRTCアプリケーションとChrome向けWebRTCアプリケーションとの間で直通の音声/ビデオ通話が可能だという。

 Mozillaは、WebGLやEmscripten、asm.js、WebRTCなどの技術を駆使したデモ用の3Dマルチプレーヤーゲーム「BananaBread」も公開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。