ニュース
» 2013年06月27日 17時10分 UPDATE

SDN技術を利用し同一IPアドレスのまま移行可能に:自社運用サーバをクラウドに円滑移行、NTT Comが新サービス提供

NTTコミュニケーションズは、自社運用しているサーバをクラウドに円滑に移行させるためのサービスを提供する。Software Defined Networking技術を利用して、顧客が自社運用しているサーバと同じIPアドレスをクラウド環境でも利用できるようにする。

[山口哲弘,@IT]

 NTTコミュニケーションズは6月27日、自社運用(オンプレミス)しているサーバを同社のクラウドサービス「BizホスティングEnterprise Cloud」に円滑に移行させるためのサービス「オンプレミス接続サービス」を、6月28日から提供すると発表した。通常、自社運用しているサーバをクラウドサービスに移行する際には、サーバのIPアドレスが変わってしまうため、それに伴ってサーバやDNS、認証サーバ、クライアントなどの再設定が必要になる。オンプレミス接続サービスは、Software Defined Networking(SDN)技術を利用して、顧客が自社運用しているサーバと同じIPアドレスをクラウド環境でも利用できるようにすることで、これら再設定の手間を省き、円滑に移行を進められるようにする。米VMwareとNTTが共同で開発した独自のSDN技術を利用するという。

 本サービスは、SDNに対応するゲートウェイ装置を顧客のネットワークに設置して、顧客の自社運用サーバとNTTコミュニケーションズのクラウド環境とを同一のネットワークセグメントで接続する。その際、すでに顧客が利用しているインターネットを介して最大100Mbpsの速度で接続し、暗号化した上で通信する。クラウドへの移行に当たって、新たにネットワークを構築する必要はない。

 価格は、初期費用として22万円(税別。ゲートウェイ装置のオンサイト設置費用を含む)。利用料金は1日当たり1万800円(税別)で、月額上限は22万3000円(同)。最低利用期間は定めておらず、1日だけの利用も可能である。なお、自社サーバをクラウドに実際に移行させる作業は、顧客が自ら実施するか、別途NTTコミュニケーションズが提供している「クラウドマイグレーションサービス」を利用できる。

NTTcom.jpg オンプレミス接続サービスの利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。