ニュース
» 2013年06月27日 16時50分 UPDATE

GitHubを通じて提供:Adobe、Flash C++ Compilerをオープンソース化

米Adobe Systemsは、「Flash C++ Compiler (FlasCC)」をオープンソース化すると発表した。「CrossBridge」という名称で、GitHubを通じて提供する。

[鈴木聖子,@IT]

 米Adobe Systemsは6月25日、「Flash C++ Compiler (FlasCC)」をオープンソース化すると発表した。「CrossBridge」という名称で、GitHubを通じて提供する。従来、「Alchemy」のコード名で呼ばれ、「Adobe Creative Cloud」の一部として提供されていたもの。Adobeは今後もCrossBridgeへの投資を続け、プロジェクト管理を担いながら、オープンソースでの改善を目指すとしている。

 Adobeによると、CrossBridgeはGCC(GNU Compiler Collection)を基に開発され、C/C++のソースコードをAdobe Flash Runtime(Flash PlayerやAdobe AIR)向けにコンパイルできるという。

 今回公開された「CrossBridge 1.0.1」は、オリジナルのFlasCC 1.0を基に、いくつかの改善が加えられている。現在開発中のCrossBridge 1.1では、LLVM(Low Level Virtual Machine)とClangを利用して、高度なC++の文法に対応するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。