ニュース
» 2013年06月27日 22時07分 UPDATE

SAP、HANA SP6をリリース:HadoopやSybase ASEなどの異種データソースに対応したHANA

[大津心,@IT]

 SAPジャパンは6月27日、SAP HANAの最新サービスパック(SP)である「SAP HANA SP6」の提供を開始した。SP6の特徴は、HadoopやSybaseなどほかのデータウェアハウス等へ対応した点だ。SAPジャパン バイスプレジデント ビジネスソリューション統括本部長 堀田徹哉氏は、「今回のSP6では、研究開発からマーケティングや販売、メンテナンスに至るまであらゆるデータが多様化している昨今に対応するべく、新しいデータソースへ対応し、迅速なデータアクセスを提供したい」と説明した。

日本でも新規のERPユーザーはHANAを選択

堀田氏写真 SAPジャパン バイスプレジデント ビジネスソリューション統括本部長 堀田徹哉氏

 HANAは3年前のリリース以来、ほぼ半年おきにSPをリリースしており、前回のSP5では同社のERP「SAP Business Suite」に対応。SP5の出荷は5月末だったが、その後1カ月間ですでにグローバルで100社超がHANA上でERPを動かしており、日本でも新規のERPユーザーはHANAを選んでいるという。

 ERPに対応し、一通りのアプリケーション対応を終えたことで、今後はHANAを“リアルタイムデータプラットフォーム”とするべく、各種データへの対応に注力していく。

 堀田氏は「HANAを見れば、ほかのアプリケーションや、ほかのデータベースも見えるようにすることが目的。HANAが異機種システム間の連携を強化するハブとなることで、ビッグデータのリアルタイム処理基盤として企業内で利用されるようになる」と、その意図を語った。

AWS on HANAも700社以上が利用

 SP6で新たに実装したのは「スマートデータアクセス機能」。この機能は、HANA内でデータ仮想化技術を利用することで、さまざまなデータが混在するリレーショナル/非リレーショナルデータベースに対して、動的なクエリを実現するというもの。現在は、Hadoop(Hive)、SAP Sybase ASE、SAP Sybase iQ、Teradataに対応している。

 開発者向けの機能強化では、効率的なモデリングをサポートするためにGUI対応した。また、HANAの機能をセルフ学習するための教材やベースラインモデル、YouTube教材なども提供する。

 SAPジャパン ビジネスソリューション統括本部 リアルタイムプラットフォーム部 シニアマネージャー 大本修嗣氏は、「HANAのエコシステムは着実に広がっている。AWS上でのHANA利用は700社を超えた。HANA Enterprise Cloudへの関心も高い。日本でのHANA普及に伴い、HANA認定コンサルタントも増加しており、国内ですでに300名を超えた。このようにHANAは着実に企業に浸透しているといえるだろう」と自信を見せた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。