ニュース
» 2013年07月03日 16時28分 UPDATE

MIPSアーキテクチャもKVMに対応:Linux 3.10登場、SSDキャッシュやRadeonをサポート

リーナス・トーバルズ氏は、Linuxカーネル3.10をリリースした。SSDをキャッシュとして利用する仕組みなどが追加された。

[鈴木聖子,@IT]

 リーナス・トーバルズ氏は6月30日、Linuxカーネル3.10をリリースしたと発表した。

 カーネル3.9からの変更点を解説しているKernel NewbiesやH-Onlineによると、カーネル3.10の主な新機能として、新しいSSDキャッシュフレームワーク「bcache」や、Radeonのビデオデコーダのサポート追加などが挙げられている。

 bcacheでは、他のブロックデバイスからのデータをSSDにキャッシュできるようにした。例えば高速アクセス可能なSSDを、比較的アクセス速度が遅いHDDのキャッシュとして利用し、頻繁に読み出すデータなどへのアクセスを高速化することが可能になる。

 Radeonドライバでは、Radeon HD 4000以降のHDグラフィックスカードに向けてUnified Video Decoder(UVD)と通信するインターフェイスが実装された。このインターフェイスを使ったオープンソースUVDドライバは、Mesa 3Dの次期メジャーアップデート(バージョン9.2または10.0)に盛り込まれる予定だという。

 また、実験的ファイルシステム「btrfs」の改善によってエクステント情報を保存するための専用ツリーが30〜35%縮小された。ほかに、XFSメタデータチェックサムや、タイマーレスマルチタスキング、SysV IPCの機能強化などの機能強化が盛り込まれた。

 さらに、短いトランザクションのテイルレイテンシを低減させるTCP Tail Loss Probe(TLP)アルゴリズムや、MIPSアーキテクチャにおけるKVM仮想化のサポート、ARMの省電力技術であるbig.LITTLEアーキテクチャへの対応などが追加されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。