ニュース
» 2013年07月18日 15時56分 UPDATE

PHPやPython関連の更新も盛り込む:「Google App Engine 1.8.2」が公開、専用memcacheを提供

米Googleは「App Engine 1.8.2」を公開した。大規模アプリケーション開発のための機能やツールを大幅に強化し、新サービスとして専用memcacheのプレビュー版を追加した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは2013年7月17日、同社が提供するPaaS環境の新版「App Engine 1.8.2」を公開した。大規模アプリケーション開発のための機能やツールを大幅に強化するとともに、新サービスとして専用memcacheのプレビュー版を追加した。

 memcacheは、一時的なデータをキャッシュすることで処理性能を向上させるサービス。App Engineにはすでに無料の共有memcacheが提供されている。これに対して専用memcacheでは、ユーザー自身のアプリケーション専用のインメモリデータキャッシュ容量を有料で利用できる。これによってキャッシュのヒット率を高められ、Google Cloud Datastoreの料金削減やアプリケーションの高速化につながるという。

 専用memcacheを利用するには、App Engineの管理コンソールを使い、アプリケーション設定のページで有効にする。共有memcacheから移行する場合も、コードに変更を加える必要はない。料金は、1Gバイト、1時間当たり12セント。

 開発ツールに関しては、Gitユーザーの要望に応えて「Push-to-Deploy」機能のプレビュー版を利用できるようにした。この機能を有効にすると、PythonやPHPアプリケーションをApp Engineエンジンに展開するのがさらに容易になるという。

 一方、「App Engine Modules」は大規模アプリケーションを論理コンポーネントに分解できる新機能。モジュールはApp Engineでサポートしているどの言語でも作成できる。

 このほかPHP RuntimeやPython Runtime関連の更新も盛り込まれ、Google Plugin For Eclipseの更新ではEclipse標準のWeb Tools Platform(WTP)とJava EARファイルを完全サポートした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。