ニュース
» 2013年07月23日 19時00分 UPDATE

サービス指向DC実現のボトルネック「ネットワーク」の課題を解消するインテルの新DCアーキテクチャ

米インテルが推進する「ラックスケールアーキテクチャ」を米ラックスペース・ホスティングが導入。迅速なサービス提供が可能な「サービス指向データセンター」を具現化する。

[原田美穂,@IT]

 米インテルはデータセンター事業者のニーズをくんだ製品提供を進めている。米国で開催中のイベント「The Datacenter Press & Analyst Day」では、データセンター向けのプロセッサ開発ロードマップを披露、「高密度でエネルギー効率が高いシステム向けにより優れたパフォーマンスを実現」するとしている(関連記事)。

 同イベントの「未来のクラウドインフラアーキテクチャ」と題したセッションでは、米インテル クラウドプラットフォームグループ ゼネラルマネージャであるジェイソン・ワクスマン氏が登壇、米ラックスペース・ホスティングがハイブリッドクラウドソリューションの一環として、インテルのラックスケールアーキテクチャ(RSA)ビジョンに基づいたサーバラックを導入したことを発表した。ラックスペース・ホスティングは、Open Compute ProjectやOpenStack Foundationにも参加している。

 ラックスケールアーキテクチャは、プロセッサやメモリ、ストレージなどの集合体を、それぞれ1つのモジュールとして扱っていくもの。プロセッサの集合体を単一のプロセッサのように扱い、メモリ、ストレージも同様に管理する仕組みだ。一般的なラックマウントサーバでは、CPUとマザーボード、メモリの組み合わせを考慮する必要があるが、RCAではこれらの差異をモジュールが吸収する。

mhss_rackscalearcbyintel.jpg Rack Scale Architecture 米インテル クラウドプラットフォームグループ ゼネラルマネージャであるジェイソン・ワクスマン氏のプレゼンテーション資料より

 このアーキテクチャ自体は既に発表されていたが、今回は、実際の採用例が示された形だ。ラックスペース・ホスティングが導入したものは、Xeonプロセッサ+SSD搭載のネットワークコントローラを備えたサーバラックである。インテルの発表によると、このデザインは初の商用ラック型ソリューションの導入事例だという。

 x86系プロセッサにネットワーク制御の機能を持たせることで、ネットワークのソフトウェア制御によるSDN実現を容易にし、サービス立ち上げを迅速に行えるようにする狙いだ。

mhss_kouseirei2.jpg 発表時に披露された構成例 
mhss_rsa_futuredc.jpg Software-Defined Infrastructureとして示された将来のクラウド環境を支えるデータセンター像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。